ワールドラグビー とギルバート(Gilbert) は本日、RWC 2021のユニークなブランドアイデンティティを具現化したラグビーワールドカップ2021公式マッチボールを初公開します。

RWC 2021ブランドがもつ活気と連結性からヒントを得て生み出したデザインは、プレーヤーのパフォーマンスを高めるためボールの両先端に施した基本色のフォーカルポイントで、「アンストッパブル」なエネルギーをシームレス見せてくれます。

加えて、Gilbert製ラグビーワールドカップ2021公式ボールは、RipoRipoの力強いグラフィックを取り入れたブランドの印象的なルックスと雰囲気が醸し出す独特な要素が特徴です。

RipoRipoは水と土地を表し、大会の開催国であるニュージーランドで大切な文化的重要性を意味します。

ギルバートは、1991年の第一回大会以来、マッチボールを全大会に供給しており、長期にわたり女性版ラグビーワールドカップと関わってきました。

2021年の大会でGilbertは初めて広範囲にわたるレプリカ製品や応援グッズを提供し、この思い出深い大会を記念します。

ワールドラグビー のサー・ビル・ボーモント会長は次のように述べています。「開催まで残すところ3日を切ったプール組分け抽選会を前に期待が高まる中、女子ラグビーの長年のサポーターであり私たちのパートナーであるGilbertと共にラグビーワールドカップ2021大会公式ボールを初公開し、更に重要なマイルストーンを記すことができたことを大変嬉しく思います。」

Gilbert RugbyのCEO、リチャード・グレイ氏も次のように語りました。「私どもは、ラグビーワールドカップとの長きにわたる良好な関係を新たにし、女子ラグビーへの更なるサポートを提供することができることを嬉しく思います。2021年の大会は忘れることのできない体験となることを約束し、本日ニュージーランドラグビーのユニークな歴史と遺産を讃える公式ボールのデザインを初公開できることにワクワクしています。1991年以来ずっと女子ラグビーワールドカップをサポートしてきたGilbertが、今回初めて、2021年版に向けて豊富な種類のサポートグッズを提供できることを社員一同誇りに思います。」

9月18日にキックオフするラグビーワールドカップ2021ニュージーランド大会には12チームが参加し、10月16日にエデンパークで優勝者に栄冠が与えられます。

RWC 2021プール組分け抽選会は11月20日にオークランドで開催されます。詳細はwww.rugbyworldcup.com/2021 をご訪問ください。