2009年、ワールドラグビーのメンバー協会は共にラグビーがもたらす人格修養の中心には品位、情熱、結束、規律、尊重と、5つのコアバリューを特定した。今ではワールドラグビーのコアバリューとして知られているこれらの要素は特色である『ラグビー精神』をありのままに保つため、ワールドラグビー憲章にも取り入れられている。

幅広い体格の選手が揃うラグビーに参加する者は、ラグビー特有のコアバリューをとおして競技の魅力と特徴を理解することができます。 

『ワールドラグビーの規則』に取り入れられているワールドラグビー憲章はworldrugby.com/lawsから他言語でもアクセスすることができます。
 

http://www.worldrugby.org/photos/36680

品位(INTEGRITY)

品位とはゲームの核をなすものであり、誠実さとフェアプレーによって生み出される。

情熱(PASSION)

ラグビーに関わる人々は、ゲームに対する情熱的な熱意を持っている。ラグビーは、興奮を呼び、愛着心を沸かせ、世界中のラグビーファミリーとの一体感を生む。

http://www.worldrugby.org/photos/36683

 

結束(SOLIDARITY)

ラグビーは、生涯続く友情、絆、チームワーク、そして、文化的、地理的、政治的、宗教的な相違を超えた忠誠心につながる、一つにまとまった精神をもたらす。

 

http://www.worldrugby.org/photos/36682

規律(DISCIPLINE)

規律は、ゲームに不可欠なものであり、フィールドの内と外の両方において、競技規則、競技に関する規定、そして、ラグビーのコアバリューの順守を通じて示される。

 

尊重(RESPECT)

チームメイト、相手、マッチオフィシャル、そして、ゲームに参加する人を尊重することは、最も重要である。