招待参加としてアメリカでの第1ラウンド、ドバイでの第2ラウンド出場以来3ラウンドぶりにワールドシリーズに挑む女子セブンズ日本代表が、シドニーでの第5ラウンドに臨む試合登録メンバーを発表。中村知春選手やバティヴァカロロ ライチェル海遥選手ら馴染みの顔ぶれに交じって、薮内あゆみ選手と原わか花選手が登録され、今回のラウンドでシリーズ初出場となる。

 東京オリンピックへ向けて選手強化と選考を図っていることもあり、今回のラウンドにはこの二人の初出場組のほかにも弘津悠選手や、永田花菜選手、高校3年でチーム最年少の香川メレ優愛ハヴィリ選手、伊藤優希選手ら、シリーズ出場4キャップ以下が5人という編成になった。

チームキャプテンには、堤ほの花選手を抜擢。セブンズシリーズでは今回が5ラウンド目だが、15人制では2017年女子ラグビーワールドカップも経験した、22歳の俊足ウィングだ。

 今回、サクラセブンズはプール戦で2月1日にニュージーランドとイングランド、2日にロシアと対戦する。

ニュージーランドは今季シリーズで第2ラウンドから3連勝で総合首位に立つ強敵。先週末の地元での第4ラウンドのメンバーから選手2人を入れ替えたが、DHLパフォーマンストラッカーとトライ総数で首位のStacey Fluhler選手は健在だ。

イングランドは現在総合7位だが、開幕ラウンドと第2ラウンドは9位だったが、第3ラウンドは7位、先週末の第4ラウンドは6位と徐々に調子を上げてきている。ロシアはイングランドに6ポイント差で総合6位につけ、ここまでの成績は6位から8位の間を行き来している。イングランドとロシアはそれぞれ第4ラウンドからメンバー1人を入れ替えた。

この3チームとの組み合わせは、昨年10月に行われた今季開幕ラウンド以来。その時は、ニュージーランドに7-40、イングランドに14-21、ロシアに0-29で負け、イングランドとは9位決定戦でも対戦して14-36。ニュージーランド、イングランドにはドバイでの第2ラウンドのプール戦でも再び顔を合わせたが敗れている。

サクラセブンズは1月20日からオーストラリアで合宿を実施。オーストラリアのディベロップメントチームと練習試合を行うなど、調整を図ってきた。今季2勝目を挙げてチーム力アップを示したい。

 このほか、ホスト国でリオデジャネイロ・オリンピックで優勝したオーストラリアは、現在総合ランク2位でニュージーランドとは12ポイント差。プールCでフランス(総合5位)、スペイン(同9位)、アイルランド(同10位)と同組する。

プールBでは、今季開幕ラウンドで優勝して現在総合4位のアメリカが、2ポイント差で総合3位につけているカナダ、フィジー(同8位)、ブラジル(同11位)と対戦する。

男子も参戦、桑水流選手が主将に

 男子セブンズ日本代表も、女子と同様にゲスト参加でシドニーでの大会に出場する。

先週末にニュージーランドで行われた第3ラウンドでは、プール戦で南アフリカとイングランドに敗れ、ケニアに引き分けて13位決定戦へ進出。スペインとの対戦で試合終盤に逆転トライを許して勝利を逃し、14位で終わった。

 今回は、ホスト国のオーストラリア、アメリカ、スコットランドと同じプールCで戦い、ケープタウンでの第2ラウンド15位決定戦でウェールズから挙げた勝利以来となる、今季2勝目を目指す。

 オーストラリアは先週末のハミルトンで3位に入り、総合順位も5位タイと好調。アメリカは総合8位、スコットランドは13位だ。

 日本のメンバーは先週からバックアップを含めて10人を入れ替え、ジョセ・セル選手とジョー・カマナ選手、橋野晧介選手が入り、3人は今季シリーズでは初出場。また、13番目に登録されたソシセニ・トコキオ選手は出場すれば、ワールドシリーズデビューとなる。

 チームをけん引するのは、リオデジャネイロ・オリンピックで4位に入った日本チームで主将を務めた桑水流裕策選手だ。

 このほかのプールでは、第2、第3ラウンドと連勝して総合首位に立つニュージーランドが、プールAでフィジー(同7位)、ケニア(同10位)、ウェールズ(同16位)と対戦する。

ニュージーランドを15ポイント差で追う総合2位タイの南アフリカは、同3位のフランス、5位のアルゼンチン、12位のサモアと同組になった。開幕ラウンドで3位に入り先週末には4位だったイングランド(同4位)は、カナダ(同9位)、アイルランド(同11位)、スペイン(同14位)がプールDで戦う。

女子セブンズ日本代表 試合登録メンバー

  • 中村知春(ナナイロプリズム福岡)
  • 香川メレ優愛ハヴィリ(ARUKAS QUEEN KUMAGAYA)
  • バティヴァカロロ ライチェル海遥(立正大学ラグビー部)
  • 大竹風美子(日本体育大学ラグビー部女子)
  • 永田花菜(日本体育大学ラグビー部女子)
  • 鈴木彩夏(RKUラグビー龍ヶ崎GRACE)
  • 堤ほの花*(日本体育大学ラグビー部女子)
  • 弘津 悠(SCIXラグビークラブ)
  • 薮内あゆみ(ながとブルーエンジェルス)

10、田中笑伊(日本体育大学ラグビー部女子)

11、原わか花(東京山九フェニックス)

12、伊藤優希(MIE WOMENS RUGBY FC PEARLS)

注:*はキャプテン 

男子セブンズ日本代表 試合登録メンバー

  • ジョセ・セル(北海道バーバリアンズ日本ラグビー協会)
  • ジョー・カマナ(マツダ)
  • 中澤健宏(リコー)
  • 大石力也(NEC)
  • 桑水流裕策*(コカ・コーラ)
  • 山内俊輝(リコー日本ラグビー協会)
  • 野口宜裕(セコム)
  • 津岡翔太郎(コカ・コーラ)
  • 加納遼大(明治安田生命)

10, 橋野晧介(キヤノン)

11, 林 大成(日本ラグビー協会)

12, 中川和真(キヤノン)

13, ソシセニ・トコキオ(豊田自動織機)

注意:*はキャプテン