【東京・10月24日】ニュージーランドのスティーブ・ハンセン監督は24日、イングランドとのワールドカップ準決勝(26日・横浜)のメンバーを発表し、バレット3兄弟の一人、スコット・バレットがフランカーとして先発入りした。

本来ロックを務めるスコット・バレットは今大会で2トライを記録。アイルランドとの準々決勝ではサム・ケーンに代わり後半開始から途中出場し46-14の勝利に貢献した。イングランドとの準決勝はケーンがベンチスタートとなる。

アーディー・サベアがオープンサイドに回り、197センチのバレットはブラインドサイドに位置し、オールブラックスには新たなラインアウトのオプションが加わる。

太もものけがが心配されたニュージーランドのキーラン・リード主将は不動のナンバー8として先発し、126度目のテストマッチ出場となる。ロックのパトリック・トゥイプロトゥがベンチ入りし、肩を負傷しているマット・トッドが登録を外れた。

フロントローフォワード、コディー・テーラーは土曜日のゲームで50個目のキャップを獲得する。

「選手と組織を代表してコディーにおめでとうと言いたい」とハンセン監督は話した。「大きなキャリアの節目を迎えるのにこれほどふさわしいゲームがあるだろうか?どちらのチームにとっても後世に残る、期待にたがわぬ試合となるよう願おう」

ニュージーランドのメンバー

1.ジョー・ムーディー
2.コディー・テーラー
3.ネポ・ラウララ
4.ブロディー・レタリック
5.サミュエル・ホワイトロック
6.スコット・バレット
7.アーディー・サベア
8.キーラン・リード(キャプテン)
9.アーロン・スミス
10.リッチー・モウンガ
11.ジョージ・ブリッジ
12.アントン・レーナートブラウン
13.ジャック・グッドヒュー
14.セブ・リース
15.ボーデン・バレット

16.デーン・コールズ
17.オファ・トゥンガファシ
18.アンガス・タアバオ
19.パトリック・トゥイプロトゥ
20.サム・ケーン
21.TJ・ペレナラ
22.ソニービル・ウィリアムズ
23.ジョーディー・バレット

RNS ajr/mi