【横浜・10月13日】互いにベスト8がかかった大一番。初の決勝トーナメント進出を期す日本がスコットランドを相手に、前半を21━7とリードした。

スコットランドに開始6分、先制トライを許したが、17分に左ライン攻撃から松島幸太朗が今大会5本目となるトライで7━7と追いついた。さらによく左右に散らせて、25分にプロップ稲垣啓太がトライ。39分にも福岡堅樹が左隅にトライを挙げた。

RNS go/hh