【大分・10月9日】ウェールズが苦しみながらもフィジーに29━17で逆転勝ち。1次リーグD組で3戦全勝を飾り、3大会連続6度目の準々決勝進出を決めた。

序盤はフィジーの強烈な当たりに苦しみ、3分、8分と連続トライを許して0━10とされた。だが、17分にキックパスからWTBジョシュ・アダムズが左中間に押さえて反撃。ゴール前に居座り続けた30分にもライン攻撃からアダムズが左隅に押さえて14━10と逆転した。

衰えないフィジーの出足に手を焼き、流れをつかみきれない。FWがシンビンで7人になった後半13分には、自陣ゴール前スクラムをフィジーに圧迫されて認定トライを許し、14━17と再びリードされた。

それでもウェールズは交代SOリース・パッチェルが17分に42㍍のPGを決めて追いついた。さらにFW、バックス一体で懸命に攻め込み、20分にライン攻撃からアダムズが自身3本目のトライをマーク。28分にもFBリアム・ウィリアムズがチーム4本目のトライを奪い、ボーナス点付きの勝利を決定付けた。

勝てば準々決勝への道が残されていたフィジーは、開始からすさまじい突進を見せた。3分にWTBジョシュア・トゥイソバ、8分にFBキニ・ムリムリバルと2トライを連取した。だがこのゴールキックに失敗したほか、スローフォワードや落球などプレーに粗さが目立ち、流れをつかみきれなかった。後半も一度は再リードしたが、守りきれなかった。

この試合の結果、オーストラリア(2勝1敗)の準々決勝進出も決まった。

 

RNS go/kf