[静岡・9月28日]試合前、袋井市の小笠山総合運動公園エコパスタジアムはアイルランドの緑、日本の桜のジャージーが入り乱れて埋まり、涼しい風が吹き渡る中で、ビールを片手に観客は盛り上がった。注目の選手対決、松島幸太朗とジェーコブ・ストックデールの映像とプロフィールが映し出されると、一段と大きな歓声が沸き上がった。

キックオフ15分前、選手たちがピッチからいったん姿を消し、選手紹介が始まると歓声が上がり、福岡堅樹の名前がコールされるとボルテージは最高潮に。開始5分前には拍子木の音とともに選手が再入場。和太鼓の大音響と観客の歓声でスタジアムが震える感じだった。

国歌斉唱。8割ほどは桜のジャージーだが、アイルランドの緑のジャージーも目に付く。会場全体に両国国歌が流れると、観客のカウントダウン、アイルランドのキックオフで試合開始。「ニッポンコール」が巻き起こる中、攻め込んだアイルランドの攻撃を食い止め、日本が盛り返すとが然、観客席から大歓声が起こった。

RNS cj/kf/hh