【静岡・9月27日】1次リーグA組:日本-アイルランド(9月28日16時15分@小笠山総合運動公園エコパスタジアム)プレビュー

ニュージーランドと世界ランク1位を争い、初優勝を目指すアイルランドは、格下日本を相手に順当勝ちを狙う。初のベスト8入りを狙う日本は、勝って4年前の南アフリカ戦クラスの衝撃を世界に与えたい。

 初戦白星のチーム同士の対戦で、勝った方が1次リーグ突破に大きく前進する。日本メディアは「アイルランドにプレッシャーがかかっている」と報じているが、「日本を史上初の決勝トーナメント進出に導かねば」というジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチにかかるプレッシャーも同じように大きい。

日本は、3戦目のサモア(10月5日・豊田)に勝利し、アイルランドとスコットランド(10月13日・横浜)の強豪を相手に、最低1勝しなければ1次リーグ突破できない計算だ。アイルランドとは過去7回(日本ラグビー協会はテストマッチを9回とカウント)対戦し、一度も勝っていない。

 スポットライト:

アイルランドのプロップ、キアン・ヒーリーは日本戦が93キャップ目となる。同じプロップの木津悠輔はヒーリーを「イリーガル・スクラム」を指摘し「1番が横にステップアウト気味。完全ではないけど。そこから横から攻めてくる」という。

それに対し、ジョー・シュミット監督は「うちはおそらく、ラグビーの国際舞台でもペナルティーが少ない有数のチーム。そんなことを言われて驚きだ。キアンの発奮材料になるだろう」

 (※木津はアイルランド戦登録の23名に入っていない)

 チームニュース:

【日本】リーチマイケルに代わって、ピーター・ラブスカフニが、この試合のキャプテンを務める。試合終盤の競った場面でのリーチ主将のリーダーシップに期待してのベンチスタート。ナンバー8には、初戦を欠場したアマナキ・レレイ・マフィが入る。

【アイルランド】スコットランドとの初戦で太ももを痛めた昨年の世界最優秀選手、SOジョナサン・セクストンを大事を取ってベンチ外に。決勝トーナメントに向けて調整させる。スコットランドを圧倒したFW人はそのままに、FBロブ・カーニーやWTBキース・アールズら4人が新たに先発入りした。

RNS ae/pr/ns/ajr/hn/hh