MATCH 試合

DATE/ TIME 日時

Winners Name 優勝者指名

How they were chosen 当選方法

Nationality 国籍

Age (Time of Match) 歳

About the winner 優秀者について

Japan v Russia   日本 対 ロシア

20th Sept 19:45
9月20日19:45 

Eiki Yamamura
山村 瑛輝

2018年9月19日に「DHLマッチボールデリバリーキャンペーン」をスタート、アンバサダー発表会見に集まった子供たちの中から様々なゲームに挑戦し第1号に決定しました。
DHL Match Ball Delivery campaign was launched on September 19, 2018 unveiling DHL ambassadors at the same time.  The very first child was chosen among the children participated in the event.

Japanese 日本

10

瑛輝くんは5歳からラグビーを始めました。スポーツが大好きで、息子と一緒の時間を共有したかったお父さんに薦められたのがきっかけでした。開幕戦を担当する瑛輝くんは、日本代表選手と同じピッチに立てるのをとても楽しみにしています。
Eiki started playing rugby when he was 5 years old, recommended by his sports-loving father who wanted to spend more time with his son. As being responsible for the ball delivery in the opening match, he can't wait to stand on the pitch together with the Japan national  team.

Australia v Fiji オーストラリア 対 フィジー

21st Sept. 13:45 
9月21日 13:45

Harlem Walker
ハーレム・ウォーカー

Internal staff competition, where applicants had to send in a photo demonstrating DHL and Rugby values (Teamwork, Speed, Passion, and Can Do Attitude)
社内キャンペーンで、応募者はDHLおよびラグビーの価値(チームワーク、スピード、情熱、Can Do精神)を表現する写真を提出。

New Zealand
ニュージーランド

12

A Rugby 7's player, Harlem can't wait to be able to travel to Japan and entering the stadium. Harlem loves playing rugby, which she credits as giving her a never give up attitude, but her favourite part is the friends she has made through the game.
7人制ラグビーの選手であるハーレムさんは、日本に行ってスタジアムに入ることをとても楽しみにしています。 ハーレムさんは諦めない心を育てるラグビーが大好きですが、一番は試合を通じて友達ができたことです。

France v Argentine フランス 対 アルゼンチン

9月21日 16:15

Elliott Mercier
エリオット・マルシエ

Customer competition, where applicants had to send in why they want to go to Japan
お客様向けキャンペーンで、応募者は日本に行きたい理由を提出しました。

French
フランス

9

Elliott first came into rugby thanks to his dad, and hasn’t looked back since. Having been chosen to deliver the Match Ball, Elliott is excited to walk onto the pitch with the french team, and can't wait to stand in the stadium while listening to the French national anthem! His favourite part of rugby is the team spirit and friendships he has made.
お父さんのおかげでラグビーを始めて以来、ずっとのめり込んでいるエリオットくん。マッチボールデリバリーに選ばれ、フランス代表チームと共にピッチを歩き、国歌を聞きながらスタジアムに立てることを心待ちしています。友達ができたこととチームスピリットがラグビーの好きなところです。

New Zealand v South Africa ニュー・ジーランド 対 南アフリカ

21st Sept 18:45
9月21日

Aiden Luke Smith
エイデン・ルーク・スミス

SSA wide competition, working with Jean De Villiars, asking applicants why Jean should pick them to go to Japan  
サブサハラアフリカ全体でジャン・デヴィリアスが参加して行われたキャンペーンで、 応募者に日本に行く理由を尋ねて選定。

South African
南アフリカ

12

Aiden's best memory is watching the Springboks at the Newslands stadium, but knows that seeing them in Japan will be even better! Having played for two years, Aiden is a keen rugby player, and is hopeful of South African winning the tournament in November! 
エイデンくんの最高の思い出はニューランズ・スタジアムでスプリングボクスの試合を観戦したことですが、日本での彼らの戦いを見るのはさらに素晴らしい思い出になるはずです。ラグビーを2年間頑張ってきたエイデンくんは、11月の決勝戦の優勝者が南アフリカになることを楽しみにしています!

Italy v Namibia イタリア 対 ナミビア

22nd Sept 14:15
9月22日

Sechaba Matidza
セッチャバ・マティーザ

Internal SSA wide competition, working with Jean De Villiars, asking applicants why Jean should pick them to go to Japan
サブサハラアフリカ全体でジャン・デヴィリアスが参加して行われた社内キャンペーンで、 応募者に日本に行く理由を尋ねて選定。

South African
南アフリカ

13

Although only playing rugby for a year, Sechaba is already the captain for his school's B team and appreciates rugby for building his character and developing himself as a person and player. Sechaba can’t wait to hold the ball that will be used for this match, and his hopeful that South Africa will win the tournament for a 3rd time.
1年しかラグビーをやっていないが、すでに学校のBチームのキャプテンを務め、自分の個性を形成したり、個人や選手として成長させてくれるラグビーが大好きです。セッチャバくんは、この試合で使われるボールを持つことを楽しみにしており、南アフリカの3度目の優勝を期待しています。

Ireland v Scotland アイルランド 対 スコットランド

22nd Sept 16:45
9月22日

Emily Irwin
エミリー・アーウィン

Applicants had to send in a motivational half time team talk for the Irish National Team
応募者は、アイルランド代表チームのためにモティベーションを上げるハーフタイムのスピーチを提出しました。

Irish
アイルランド

9

Emily has been playing rugby for 5 years and loves scoring tries. A massive Ireland fan, her greatest memory is having Rory Best high-five her before a six-nations match, but knows that walking out with the team will eclipse that! Walking onto the pitch with her heroes, Emily is excited to hear all the fans cheering and shouting for Ireland!
5年間ラグビーをプレーしているエミリーさんは、トライを決めるのが大好きです。彼女はアイルランドの大ファンで、最高の思い出はシックス・ネイションズの試合が始まる前にロリー・ベスト選手とハイタッチをしたことだそうですが、チームとともにピッチに出ることでまた新たな最高の思い出ができると心待ちにしています。彼女にとってのヒーローと一緒にピッチを歩くエミリーさんは、アイルランドを応援しているファンの声援や歓声を聞くことをとても楽しみにしています。

England v Tonga   イングランド 対 トンガ

22nd Sept 19:15
9月22日

Okinari Fujimoto
藤本 意生

DHLジャパンが募集した「マッチボールデリバリーキャンペーン」に応募し、自身の夢やスポーツへの熱い気持ちを綴った作文と写真を投稿し、選ばれました。 Applicants had to send in an essay describing their dreams and passion to sports and photos for "DHL Match Ball Delivery" Campaign.

Japanese 日本

9

体力を持て余して年上のきょうだいに当たりに行っていたので、お父さんが学生時代にプレー経験があり、コンタクトプレーのあるラグビーを5歳から始めることになった意生くん。将来日本代表としてラクビーワールドカップ出場を目指している意生くんは「フィールドの雰囲気を感じ取りたい、落選したみんなの思いも運ぶ気持ちでがんばりたい」と意気込んでいます。
 Okinari started playing rugby at the age of 5 thanks to his father, having played the sport when he was in school, who thought it was good for him for he was full of physical energy and challenging his older brother by body contacts. Okinari, who is aiming to participate in Rugby World Cup as a member of Japanese national team in the future, is eager to deliver the match ball while experiencing the atmosphere on the pitch and also delivering the thoughts of those who didn't get this chance.

Wales v Georgia   ウェールズ 対 ジョージア

23rd Sept 19:15
9月23日

Sora Kawamura
河村 大空

DHLジャパンが募集した「マッチボールデリバリーキッズキャンペーン」に応募し、自身の夢やスポーツへの熱い気持ちを綴った作文と写真を投稿し、選ばれました。Applicants had to send in an essay describing their dreams and passion to sports and photos for "DHL Match Ball Delivery" Campaign.

Japanese 日本

13

4年前のラグビーワールドカップ2015、日本対南アフリカ戦を見てからラグビーを始めた大空くん。全力を出し切って戦い、試合が終われば試合相手とも友達になれるところがラグビーが好きなのだそうです。選ばれたことに感謝し、自分の役目を頑張ることで、ラグビーの楽しさを多くの友達に伝えたいと思っています。
Sora started playing rugby after he had watched Japan V South Africa match in RWC2015. Putting forth every effort during the match and then still being able to become friends with opposing team is his best part of rugby. He is grateful to be chosen as a MBD child and he wants to share the fun of rugby to many of his  friends through fulfilling his precious role.  

Russia v Samoa ロシア 対 サモア

24th Sept 19:15
9月24日

Valaimatagi Maddison Lam
ヴァライマタギ・マディソン・ラム

Internal competition
社内キャンペーン

 

9

Rugby is all about family, and Valaimatagi credits her dad for teaching herself and her siblings how to pass a rugby ball at a young age. Valaimatagi can't wait to run the ball out onto the pitch in front of her favourite team, Manu Samoa, and the rest of the world!
ラグビーとは家族です。ヴァライマタギさんは、幼い頃から兄弟と一緒にラグビーボールのパスを教えてくれたお父さんに感謝しています。大好きなチーム、マヌ・サモアや全世界の前でマッチボールをピッチに運ぶことが楽しみで待ち切れません。

Fiji v Uruguay   フィジー 対 ウルグアイ

25th Sept 14:15
9月25日

Koshin Maekawa
前川 航紳

DHLジャパンが募集した「マッチボールデリバリーキッズキャンペーン」に応募し、自身の夢やスポーツへの熱い気持ちを綴った作文と写真を投稿し、選ばれました。
Applicants had to send in an essay describing their dreams and passion to sports and photos for "DHL Match Ball Delivery" Campaign.

Japanese 日本

10

お父さんがラグビーをしていたので「自分もやってみたい」と思ったのが、航紳くんがラグビーを始めたきっかけです。釜石は震災で、たくさんの人に助けてもらったので「ありがとうございます」の気持ちと一緒に、しっかりとボールを運びたいと語っています。The reason why Koshin started rugby is his father who was playing rugby at that time, so he wanted to try it too. He is eager to deliver the ball with gratitude to people who helped Kamaishi a lot after the earthquake.

Italy v Canada   イタリア 対 カナダ

26th Sept 16:45
9月26日

Tomoya Ozawa
小澤 友也

DHLジャパンが募集した「マッチボールデリバリーキッズキャンペーン」に応募し、自身の夢やスポーツへの熱い気持ちを綴った作文と写真を投稿し、選ばれました。Applicants had to send in an essay describing their dreams and passion to sports and photos for "DHL Match Ball Delivery" Campaign.

Japanese 日本

12

自分が強くなりたいと思い、ラグビーを始めた友也くん。体の小さい人、大きい人それぞれに色々な役割があり、みんなで戦えることがラグビーの好きなところと語っています。世界で戦う選手を間近でみられること、そして大観衆のグラウンドに立てることが楽しみだそうです。
Tomoya wanted to be stronger, that's why he started rugby. His favourite part is that every player, small or big, has his own role and everyone can participate in a game equally. He can't wait to meet world's best players and to stand in the fully packed stadium. 

England v USA   イングランド 対 米国

26th Sept 19:45
 9月26日

Nene Fujii
藤井 音寧

DHLジャパンが募集した「マッチボールデリバリーキッズキャンペーン」に応募し、自身の夢やスポーツへの熱い気持ちを綴った作文と写真を投稿し、選ばれました。Applicants had to send in an essay describing their dreams and passion to sports and photos for "DHL Match Ball Delivery" Campaign.

Japanese 日本

10

お兄さんの影響で5歳からラグビーを始めた音寧さん。「ラグビーは一つのボールをつないで、皆で力を合わせてトライを取りにいくところがかっこよくておもしろい」といいます。当選の連絡に「めっちゃ嬉しい!」と喜びを表した音寧さん。ワールドカップの雰囲気を近くで感じてみたいと、当日を楽しみにしています。
Nene started rugby at the age of 5 because of her brother. "Rugby is cool and fun for making tries by passing one ball and joining forces with teammates", she says. "I'm so happy!", she exclaimed recieving a call with congratulions on her winning. She is very excited to feel the atmosphere of RWC on the match day.     

Argentina v Tonga   アルゼンチン 対 トンガ

28th Sept 13:45
9月28日

Rion Mieda
三枝 凛音

DHLジャパンが募集した「マッチボールデリバリーキッズキャンペーン」に応募し、自身の夢やスポーツへの熱い気持ちを綴った作文と写真を投稿し、選ばれました。Applicants had to send in an essay describing their dreams and passion to sports and photos for "DHL Match Ball Delivery" Campaign.

Japanese 日本

12

「自分が選ばれるなんて思っていなかったので、とても嬉しかったです」と当選時の感想を語る凛音さん。お父さんがラグビーをしている姿をみて小学校2年生からラグビーを始めた凛音さんは、ラグビーの好きなところを「おもいきってパスやタックルができるところ」と語ります。
"I didn't think that I was going to be chosen. I was very happy!", comments Rion on her feelings when she was selected. Rion, who started playing rugby from 2nd grade after watching his father playing it, says that her best part of rugby is "being able to fearlessly pass and tackle".   

Japan v Ireland   日本 対 アイルランド

28th Sept 16:15
9月28日

Fuga Tanaka
田中 風雅

DHLジャパンが募集した「マッチボールデリバリーキッズキャンペーン」に応募し、自身の夢やスポーツへの熱い気持ちを綴った作文と写真を投稿し、選ばれました。
Applicants had to send in an essay describing their dreams and passion to sports and photos for "DHL Match Ball Delivery" Campaign.

Japanese 日本

12

お父さんの勧めでラグビーを始めた風雅くん。みんなが助け合いながらプレーするところがラグビーの好きなところだと語ります。ワールドカップに出る選手達と一緒の場面に立ち会えることに、今からドキドキしているそうです。
Fuga started playing rugby recommended by his father. He says that the ability to play a game where everyone helps each other is the best part of rugby. He is very excited to have an opportunity to be together with world's best players who are participating in RWC. 

South Africa v Namibia 南アフリカ対ナミビア

28th Sept 18:45
9月28日

Darius Stefan Mihaescu
ダリウス・ステファン・ミハエスク 

Worked with a mentorship programme for disadvantaged children to select a MBD winner
恵まれない子供たちのメンタープログラムと連携し、マッチボールデリバリーの優勝者を決定。

Romanian ルーマニア

9

While Darius hasn’t been involved in rugby for long, he can't wait to deliver the ball at Rugby World Cup 2019. Darius is looking forward to being on the pitch, and has a feeling South Africa might be the overall winner this year.
ラグビーを始めてまだ日の浅いダリウスくんですが、ラグビーワールドカップ2019でマッチボールを運ぶことを待ち遠しく思っています。ダリウスくんは、ピッチに立てるのを楽しみにしており、今年の優勝者が南アフリカになることに期待しています。

Georgia v Uruguay   ジョージア 対 ウルグアイ

29th Sept 14:15
 9月29日

Saito Hayashi
林 彩斗

DHLジャパンが募集した「マッチボールデリバリーキッズキャンペーン」に応募し、自身の夢やスポーツへの熱い気持ちを綴った作文と写真を投稿し、選ばれました。Applicants had to send in an essay describing their dreams and passion to sports and photos for  "DHL Match Ball Delivery" Campaign.

Japanese 日本

12

おじいちゃんがラグビーをやっていたころから、友達のお父さんに誘われラグビーを始めた彩斗くん。前回のワールドカップの時からマッチボールデリバリーキッズとして出たいと思っていたそうで、4年越しの夢が叶いました。
Saito was introduced to rugby by his friend’s father, while his grandfather was also plyaing rugby then. He wanted to deliver a match ball ever since the last world cup and after 4 years his dream has come true.

Australia v Wales オーストラリア対ウルグアイ

29th Sept 16:45
9月29日

Jack Thorniley
ジャック・ソーニリー

Staff competition
社員向けのキャンペーン

 

9

Jack is super excited about delivering the match ball and can’t wait for his friends and family back at home to see him walking out on the pitch. He enjors rugby as he can play with his friends, and thinks Australia will be the winner this year.
ジャックくんはマッチボールを運ぶのを非常に楽しみにしており、ピッチで歩いている姿を家族や友達に見てもらうことが待ち切れないそうです。ラグビーが好きな理由は友達と一緒にやれるからです。彼は、今大会の優勝国がオーストラリアになることを願っています。

Scotland v Samoa スコットランド 対 サモア

30th Sept 19:15
9月30日

Cameron Bruce
キャメロン・ブルース

Customer competition
カスタマーキャンペーン

 

9

Having played for just under two years, Cameron's best memory so far is winning a tournament in Glasgow with his team and scoring plenty of tries! He's most looking forward to walking out and lining up for the national anthems.
ラグビーは2年しかやっていないにも関わらず、キャメロンくんの最高の思い出はチームとともにグラスゴー大会で優勝したことと、トライをたくさん決めたことです。ピッチに歩いて行き、国歌斉唱のときに列に並ぶことを一番楽しみにしています。

France v USA フランス 対 アメリカ

2nd Oct 16:45
10月2日

Jamiyah Brown
ジャミーヤ・ブラウン

Using the #DHLGoForward, applicants had to demonstrate how they posses a cando attitude
応募者は、#DHLGoForwardのハッシュタグをつけて、どれだけCan Do精神があるかを投稿しました。

American アメリカ

12

Jamiyah has only played for a year, but is already the captain of her team whilst being the only girl! Rugby has taught her leadership and determination, and she can't wait to fly to Japan for the experience of a lifetime!
ジャミーヤさんはラグビーを一年しかやっていないですが、唯一の女性選手でありながらチームのキャプテンに任命されています!彼女は、ラグビーからリーダシップや強い気持ちを教わり、生涯またとない経験のために日本へ渡ることを心待ちしています。

New Zealand v Canada  ニュージーランド 対 カナダ

2nd Oct 19:15
10月2日

Kento Soga
曽我 健斗

Staff competition
社員向けのキャンペーン

Japanese 日本

11

普段は地域のサッカークラブに通う健斗くん。「試合に勝つと嬉しい」と語ります。緊張して本番でうまくできるかちょっぴり不安な健斗くんですが、身体の大きな選手を近くで見ることを楽しみにしているそうです。
Kento is plyaing for a local soccer club, and he says that he is very happy when he wins a game. Kento is a little bit nervous to be able to perform well, but he looks forward to seeing and being close to big and tough players.

Georgia v Fiji  ジョージア 対 フィジー

3rd Oct 14:15
10月3日

Izumi Kawata
川田 出海

DHLジャパンが募集した「マッチボールデリバリーキッズキャンペーン」に応募し、自身の夢やスポーツへの熱い気持ちを綴った作文と写真を投稿し、選ばれました。Applicants had to send in an essay describing their dreams and passion to sports and photos for "DHL Match Ball Delivery" Campaign.

Japanese 日本

12

「ラグビーの体と体のぶつかり合い、その迫力が好き」そう語る出海くん。お父さんが亡くなったあと、そのお父さんがやっていたラグビーを始めたそうで、いつもお父さんが見守っていてくれていることを信じて、6年間頑張ってきました。
”Physical contact and it's force are what I like most about rugby”, says Izumi. He started playing rugby after his father, who used to play it, passed away. He believes that his father is watching over him, and that is what gave him strength to continue playing rugby for 6 years now.

Ireland v Russia  アイルランド 対 ロシア

3rd Oct 19:15
10月3日

Yota Konno
紺野 洋太

DHLジャパンが募集した「マッチボールデリバリーキッズキャンペーン」に応募し、自身の夢やスポーツへの熱い気持ちを綴った作文と写真を投稿し、選ばれました。Applicants had to send in an essay describing their dreams and passion to sports and photos for  "DHL Match Ball Delivery" Campaign.

Japanese 日本

13

2015年のラグビーワールドカップで、日本代表が活躍する姿をみてラグビーを始めた洋太くん。たくさんの仲間達とプレーができて、スピードのあるコンタクトスポーツなところが好きなのだそう。マッチボールデリバリーを通して自分ができることは全て体験して、楽しみたいそうです。
Yota started playing rugby after watching performance of Japan national team during RWC2015. His favourite part of rugby is the speed and a lot of contact, as well as that he can play it with lots of his friends. He is excited to experience every opportunity that match ball delivery will give him.

South Africa v Italy 南アフリカ 対 イタリア

4th Oct 18:45
10月4日

Tommaso Vianello
トマーソ・ビアネッロ

Staff competition
社員向けのキャンペーン

Italian イタリア

8

Tommaso has only played for a year, but already loves the sport and says playing rugby is his favourite time of the day! Whilst he will cheer for Italy, Tommaso does think New Zealand will become the champions, but is excited to talk with the players in the tunnel before the match.
トマーソくんは1年しかラグビーをやっていないですが、すでに大好きになり、ラグビーをプレーしている時が1日で一番楽しい時だそうです。イタリアを応援していますが、ニュージーランドが優勝国になると思っています。試合が始まる前にピッチに通じるトンネルで、ラグビー選手と言葉を交わすことが楽しみだそうです。

Australia v Uruguay オーストラリア 対 ウルグアイ

5th Oct 14:15
10月5日

Mateo Martin Pla
マテオ・マーティン・プラー

Applicants had to send in a video as to why they should be chosen to deliver the match ball
応募者は、なぜマッチボールを運ぶにふさわしいかを伝える動画を送りました。

Uruguayan ウルグアイ

8

 

England v Argentina イングランド 対 アルゼンチン

5th Oct 17:00
10月5日

Milena Lasalandra Huber
ミレナ・ラサランドラ・ヒューバー

Applicants had to send in a video as to why they should be chosen to deliver the match ball
応募者は、なぜマッチボールを運ぶにふさわしいかを伝える動画を送りました。

Argentinian アルゼンチン

12

Having started playing with her brothers, Milena loves running up and down the pitch scoring tries. Although not knowing who will win, she can't wait to walk on the pitch with her family watching, and already knows it will be the best experience of her life.
兄弟とラグビーをやり始めたミレナさんは、ピッチを走りトライを決めるのが大好きです。誰が優勝するか分からないけれど、家族に観られながらピッチに出ることが待ち切れないそうで、人生最高の経験になると思っています。

Japan v Samoa  日本 対 サモア

5th Oct 19:30
10月5日

Arashi Yazawa
矢澤 嵐

DHLジャパンが募集した「マッチボールデリバリーキッズキャンペーン」に応募し、自身の夢やスポーツへの熱い気持ちを綴った作文と写真を投稿し、選ばれました。Applicants had to send in an essay describing their dreams and passion to sports and photos for "DHL Match Ball Delivery" Campaign.

Japanese 日本

12

幼馴染のお友達に誘われて始めたラグビー。好きなプレーを「トライをするところ」と語る嵐くんは、DHLのアンバサダー、松島幸太朗選手のファン。日本代表選手、特に憧れの松島選手とのふれあいを、心から楽しみにしています。
Arashi started rugby thanks to his long known friend, and his best part of game is scoring tries. He is a fan of DHL ambassador, Kotaro Matsushima.  He can’t wait to meet the Japan national team members and especially his favourite Matsushima.

New Zealand v Namibia   ニュージーランド 対 ナミビア

6th Oct 13:45
10月6日

Dan Mitsumori
三森 檀

DHLジャパンが募集した「マッチボールデリバリーキッズキャンペーン」に応募し、自身の夢やスポーツへの熱い気持ちを綴った作文と写真を投稿し、選ばれました。Applicants had to send in an essay describing their dreams and passion to sports and photos for "DHL Match Ball Delivery" Campaign.

Japanese 日本

11

「プレー中、走って相手を抜くところが気持ちいい」という檀くん。一番体験してみたいこととして、大好きなDan Carter選手やレフェリーたちと英語で話してみたいそう。「緊張してボールを落とさないようにしよう」と思いながら、大会の日を待ちます。
”It feels good to run and outrun your opponent during the game”, says Dan. He would be very happy to have an opportunity to talk to his favourite player Dan Carter and referees in English. He can't wait for the day of tournament and hoping not to drop the ball by being nervous.

France v Tonga   フランス 対 トンガ

6th Oct 16:45
10月6日

So Kodama
兒玉 爽

DHLジャパンが募集した「マッチボールデリバリーキッズキャンペーン」に応募し、自身の夢やスポーツへの熱い気持ちを綴った作文と写真を投稿し、選ばれました。Applicants had to send in an essay describing their dreams and passion to sports and photos for "DHL Match Ball Delivery" Campaign.

Japanese 日本

11

お母さんの兄弟やお祖父さんの影響もあり、2015年大会を見てラグビーをやる気になった爽くん。一生に一度の体験に今から興奮している様子で、近くで見たことのない大きな選手に触れてみたいそうです。
So was motivated to play rugby afte uncles and grandfather. He is excited about the once-in-a-lifetime experience and wants to touch a big player he has never seen before.

South Africa v Canada 南アフリカ 対 カナダ

8th Oct 19:15
10月8日

Trinity Bodenchuk
トリニティ・ボーデンチュック

Applicants had to submit their best #RugbyMoment
応募者は、自分の最高の#RugbyMomentを投稿し、選ばれました。

Canadian カナダ

14

TBC

Argentina v USA   アルゼンチン 対 米国

9th Oct 13:45
10月9日

Yuki Umezawa
梅澤 遊輝

DHLジャパンが募集した「マッチボールデリバリーキッズキャンペーン」に応募し、自身の夢やスポーツへの熱い気持ちを綴った作文と写真を投稿し、選ばれました。Applicants had to send in an essay describing their dreams and passion to sports and photos for "DHL Match Ball Delivery" Campaign.

Japanese 日本

11

お兄さんの影響でラグビーを始めた遊輝くん。仲間と協力してプレーできるところがラグビーの好きなところ。今回のマッチボールデリバリーを励みにして、将来プレーヤーとしてのワールドカップ出場を目指します。
Yuki started rugby under his brother’s influence. He thinks that the best part of rugby is teamwork. This match ball delivery experience will encourage him to aim for rugby world cup as a player in the future.

Scotland v Russia スコットランド 対 ロシア

9th Oct 16:15
10月9日

Maksim Chumakov
マクシム・チュマコブ

Applicants had to creatively send in why they should go to Japan
応募者は、日本に行くべき理由についてクリエイティビティに溢れた説明を送り、選ばれました。

Russian ロシア

14

Maksim has played rugby for a few years since one of his teachers introduced him to the game, and since then loves working together with his team. Although  Russian, his favourite team is New Zealand, who he thinks will win the tournament this year.
マクシムくんは、先生にラグビーを紹介してもらって以来、ここ数年にわたってチームの一員として頑張っています。ロシア人ですが、ニュージーランドのチームが大好きで、今年の大会ではニュージーランドが優勝国になると思っています。

Wales v Fiji ウェールズ 対 フィジー

9th Oct 18:45
10月9日

Asenaca Adi Wellington Caucau
アセナカ・アディ・ウェリントン・コーコ

Public competition where applicants had to say in 20 words or less why they should win the competition
一般向けのキャンペーンでで優勝者になるべき理由について20字前後の作文を投稿し、選ばれました。

Fijian フィジー

12

Asenaca comes from a rugby family, being named after the Wellington sevens series which happened the same year she was born! Asenaca is extremely excited to travel to Japan and make her family proud when she delivers the match ball
アセナカさんはラグビー選手の親の元に生まれ、 生まれた年に開催されたウェリントン・セブンズ・シリーズにちなんで名付けられました。 アセナカさんと家族は、彼女が日本に渡航し、マッチボールを運ぶことをとても誇りに思っています。

Australia v Georgia オーストラリア 対 ジョージア

11th Oct 19:15
10月11日

Giorgi Melia
ジョルジ・メーリア

Working with the Georgian rugby union, 3 players were chosen from a tournament from which DHL created highlight videos
ジョージアラグビーユニオンと連携し、開催されていた大会から3人の選手が選ばれ、DHLのハイライト動画でも紹介されました。

Goergian ジョージア

14

Giorgi has been playing rugby for around 8 years, and his favourite memory is winning the Georgian 7s last year! Winning and scoring tries is his favourite part of playing, and is hoping to make his friends and family back home proud when he delivers the match ball
ジョルジくんはラグビーを約8年間やっていますが、昨年ジョージア7人制ラグビー大会で勝ったことが最高の思い出です。勝利することとトライを決めることがラグビーの好きなところです。マッチボールを運ぶことを誇りに思っていて、家族と友達と共に楽しみにしています。

New Zealand v Italy ニュージーランド 対 イタリア

12th Oct 13:45
10月12日

Nathan Tofilau
ネイサン・トフィロー

Applicants had to write, in 200 words or less, why Sir John Kirwan should pick them to go to RWC19 and deliver the match ball
 応募者は、サー・ジョン・カーワンがRWC2019に行きマッチボールを運ぶにふさわしい理由を200字前後の作文にしサー・ジョン・カーワンが選定しました。

New Zealand ニュージーランド

12

TBC

England v France イングランド 対 フランス

12th Oct 17:15
10月12日

Rhys Jones
リース・ジョーンズ

Via BT Sport, applicants had to demonstrate their DHL Rugby Moment 
応募者はBTスポーツを通じて、自分のDHLラグビーモメントを紹介し、選ばれました。

English イギリス

14

A keen rugby player, Rhys loves the fast paced nature of the game and scoring tries. Rhys can't wait to get into the stadium and speak with some of the English team in the tunnel. Although hopeful England can win, Rhys does admit New Zealand are favourites
リースくんは熱心なプレイヤーで、ラグビーの速いペースでゲームが進むところとトライを決めることが好きです。リースくんはスタジアムに行き、ピッチに通じるトンネルでイギリスチームの選手と言葉を交わしたくてたまらないそうです。彼は、イギリスの優勝を期待していますが、ニュージーランドも優勝候補だと思っています。

Ireland v Samoa  アイルランド 対 サモア

12th Oct 19:45
10月12日

May Tanaka
田中 芽衣

DHLジャパンが募集した「マッチボールデリバリーキッズキャンペーン」に応募し、自身の夢やスポーツへの熱い気持ちを綴った作文と写真を投稿し、選ばれました。Applicants had to send in an essay describing their dreams and passion to sports and photos for  "DHL Match Ball Delivery" Campaign.

Japanese 日本

13

お兄さんがプレーする姿をみて「おもしろそう」と思い始めたラグビー。ボールを持ってピッチを駆け抜けるのがいちばん楽しいとのこと。世界のトッププレーヤーとのふれあいや、彼らのプレーが見られることを今から楽しみにしています。
Watching her brother playing rugby, May found it very interesting, and that is why she started playing it herself as well. She says that the best part of rugby is running through the pitch holding a ball. She is very excited to interact with top class players from all over the world and be able to watch them play.

Namibia v Canada  ナミビア 対 カナダ

13th Oct 12:15
10月13日

Rio Sasaki
佐々木 璃音

DHLジャパンが募集した「マッチボールデリバリーキッズキャンペーン」に応募し、自身の夢やスポーツへの熱い気持ちを綴った作文と写真を投稿し、選ばれました。Applicants had to send in an essay describing their dreams and passion to sports and photos for "DHL Match Ball Delivery" Campaign.

Japanese 日本

9

お父さんの練習に一緒に行くうちに、ラグビーに魅かれた璃音さん。地元の釜石シーウェーブスやトップリーグの試合は見たことあるけれど、さらにトップクラスの選手の試合を見ることができることが楽しみなのだそう。沢山の国の人達が釜石にラグビーを見に来ることに、今からワクワクしています。
Rio was fascinated by rugby while going to her father’s practices with him. She has watched her local Kamaishi team, Sea Waves, and top league matches, but she is now looking forward to see matches of top-class players. She is very excited that a lot of people from different countries will come to Kamaishi to watch rugby matches.

USA v Tonga アメリカ 対 トンガ

13th Oct 14:45
10月13日

Christine Lisa Marie Vea
クリスティーン・リサ・マリー・ビー

Staff competition
社員向けのキャンペーン

 

9

Born into a rugby family, Christine's best memory is watching rugby with her dad. Her favourite part of rugby is the pasion of fans when watching their national teams, something she can't wait to do as in well in Japan, going to her first Tonga match.
ラグビーをやっている家に生まれ、お父さんとラグビー観戦をしたことは最高の思い出です。クリスティーンさんにとってラグビーの好きなところは、代表チームを応援しているファンの情熱です。日本で初めてトンガの試合を見に行く時には、情熱に溢れる応援をしたいと思っています。

Wales v Uruguay   ウェールズ 対 ウルグアイ

13th Oct 17:15
10月13日

Seidai Nakashima
中嶋 誠大

DHLジャパンが募集した「マッチボールデリバリーキッズキャンペーン」に応募し、自身の夢やスポーツへの熱い気持ちを綴った作文と写真を投稿し、選ばれました。Applicants had to send in an essay describing their dreams and passion to sports and photos for "DHL Match Ball Delivery" Campaign.

Japanese 日本

9

親に薦められて体験入部して、ラグビーにはまった誠大くん。マッチボールデリバリーキッズに選ばれたことにとても喜んでいて、自分の渡したボールで試合が始まると思うと、今からドキドキしているそうです。
Seidai entered a rugby club advised by his parents and totally got into it. He is very happy to be chosen as a MBD child and very excited that the match will be started with the ball he will deliver.  

Japan v Scotland   日本 対 スコットランド

13th Oct 19:45
10月13日

Shoma Uesugi
上杉 翔真

2019年3月に東京で開催したラグビーワールドカップ2019™の公式レガシープログラム「チャイルド・ファンド パス・イット・バック カップ Delivered by DHL」の全日程に参加し中から、マッチボールデリバリーキッズを選びました。
Rugby World Cup 2019 ™ Official Legacy Program “ChildFund Pass It Back Cup Delivered by DHL”was held in Tokyo in March 2019.  As a part of MBD campiagn, the winner was chosen among those who participated the entire  curriculum.

Japanese 日本

14

ラグビーの街府中で、友達から誘われてラグビーを始めた翔真くん。激しいコンタクトプレイがラグビーで一番好きなところ。世界最高峰のラグビー選手達との交流を楽しみにしているそうで、ラガーマンとして憧れの舞台で一流の選手達と同じグランドに立てることを心待ちにしています。
Shoma, who is from city of rugby, Fuchu, started playing rugby being invited by his friend. Intensive contact play is his favourite part of it. Being a rugby man himself, he can’t wait to interact with some of the best players in the world and to stand with them on the same pitch.

QF1 (Winner Group C vs Runner Up Group D
準々決勝1(プールC 1位 対 プールD 2位)

19th Oct 16:15
10月19日

Asuka Yuki
幸 明日香

DHLジャパンが募集した「マッチボールデリバリーキッズキャンペーン」に応募し、自身の夢やスポーツへの熱い気持ちを綴った作文と写真を投稿し、選ばれました。
Applicants had to send in an essay describing their dreams and passion to sports and photos for "DHL Match Ball Delivery" Campaign.

Japanese 日本

11

父親がラグビーをしていて、グランドに行っているうちにラグビーの虜になった明日香さん。地域のラグビースクールに所属し、ポジションがスクラムハーフなだけあって、今回のマッチボールデリバリーで「キックオフのキッカーにロングパスを投げてみたい」という想いを抱いています。
Asuka became obsessed with rugby while watching her father playing it. She is a scrum half at a local rugby school and she has a dream that there could be a chance for her to “throw a long pass to kick-off kicker” during match ball delivery. 

QF2 (Winner Group B vs Runners Up Group A) 準々決勝2(プールB 1位 対 プールA 2位)

19th Oct 19:15
10月19日

Anish Raul
アニッシュ・ラウール

DHL India held 3 customer events, where 5 children from each event were picked at random. The final 15 were then again put into a raffle, with the winner being chosen to go to Japan                       DHLインドが開催した3つのカスタマー向けのイベントでは、子供が5人ずつランダムに選ばれました。その後、最後の15人で再び抽選が行われ、日本に行く当選者が決まりました。

Indian インド

11

Whilst completely new to rugby, Anish already enjoys working with his team jumping for lineouts. He's extremely proud to lead out two teams in a quarter final, and has a feeling New Zealand will win the RWC
ラグビーは全くの初心者のアニッシュくんですが、彼のチームでラインアウトのジャンプを練習するのをすでに楽しんでいます。準々決勝で戦う2チームを会場に誘導できることを非常に誇りに思っています。今年のRWCはニュージーランドが優勝すると予想しているそうです。

QF3 (Winner Group D vs Runners Up Group C) 準々決勝3(プールD 1位 対 プールC 2位)

20th Oct 16:15
10月20日

Kawany Higa
カワニー・ヒガ

Applicants were invited to send a video, explaining why they should be the one to deliver the match ball
 応募者は、なぜマッチボールを運ぶ人にふさわしいかを伝える動画を投稿しました。

Brazilian ブラジル

14

After going through a difficult stage in her life, Kawany credits rugby to making friends and bringing back her character. She loves working as a team, and is excited to run out into the packed stadium.
人生の困難な時期を乗り越えたカワニーは、ラグビーのお陰で友達ができ、自分の個性を取り戻せることができました。チームワークが好きで、賑やかなスタジアムに足を踏み入れるのを心待ちにしているそうです。

QF4 (Winner Group A vs Runners Up Group B)
準々決勝4(プールA 1位 対 プールB 2位)

20th Oct 19:15
10月20日

Yuya Indo
印藤 悠哉

Staff competition
社員向けのキャンペーン

Japanese 日本

9

体を動かすことが大好きで、今は野球と水泳をやっている悠哉くん。マッチボールデリバリーで初めてラグビー場を経験するので、グラウンドがどれだけ広く感じ、どのような心境でプレイしているのかを感じてみたいそうです。
Yuya is very fond of being physically active and now he into baseball and swimming. Match Ball Delivery will give him the first ever experience of rugby, so he is very curious about how big the pitch is and how players feel when playing the sport.

SF1 (Winner QF1 vs Winner QF2) 準決勝1(準々決勝1勝者 対 準々決勝2勝者)

26th Oct 17:00
10月26日

Rosa Tesse
ローザ・テッセ

Working with a local rugby club (Dubai Warrriors), players were able to apply why they should win the chance to go to Japan
ローカルラグビーチーム(ドバイ・ウォリアーズ)と連携し、選手たちが日本に行くチャンスを勝ち取るべき理由を伝えて応募しました。

French フランス

12

Everyone in her family has played rugby, so it only made sense for Rose to join a team as well! She loves the team spirit and never give up attitude of rugby, and is excited and proud to stand on the field, next to two great teams, in a semi final
家族の皆がラグビーをやっていたので、ローザさんもチームに参加するのは自然なことでした!ラグビーのチームスピリット(団結)と諦めない精神が好きで、準決勝で戦うことになる優秀な2チームと一緒にフィールドに立てることがとても楽しみで、そして誇りに思います。

SF2 (Winner QF3 vs Winner QF4)
準決勝(準々決勝3勝者 対 準々決勝4勝者)

27th Oct 18:00
10月27日

Vishal Ishimura
石村 ビシャル

Customer competition
カスタマー向けキャンペーン

Japanese 日本

12

5歳からサッカーを始めたものの、2015年イギリス大会を観て「自分でやってみたい」と思い8歳からラグビーにスイッチしたビシャルくん。男らしく戦えるところが気に入ったようです。マッチボールデリバリーキッズでグラウンドの真ん中に立てることを一番の楽しみにしています。
Vishal started playing soccer at the age of 5, but after having watched 2015 tournament held in England, he decided to switch to rugby. He very much liked the manly manner of the sport. He is very excited to stand in the center of the pitch as a MBD child.

Bronze Final 3位決定戦

1st Nov 18:00
11月1日

Freya DitschkuB
フレイヤ・ディツクカブ

Applicants were invited to creatively say why they should go to Japan via social media, before the top 5 were invited to a German rugby match where they competed in a small rugby skills match to determine who would win
応募者は、日本に行くべき理由についてクリエイティブなメッセージをSNSへ投稿し、その中のトップ5の応募者がドイツのラグビー試合に招待され、そこで優勝者を決めるためのラグビースキルマッチを行いました。

German ドイツ

12

9 years ago, Freye was brought to her first game with her dad. A week later, and Freya had started playing for her local team! A player who likes to ruck, Freya hopes she won't drop the ball in front of the referee! Looking at the outsiders, Freya thinks Scotland might win the tournament this year.
フレイヤさんが初めてお父さんに試合に連れて行ってもらったのは9年前でした。その1週間後には、フレイヤさんは地元のチームに入りました!ラックが好きなフレイヤさんはレフリーの前でボールを落とさないことを望んでいます。今年の大会ではスコットランドが優勝国になると思っています。

Final
決勝戦

2nd Nov 18:00
11月2日

Keito Wattez
ワテ 慶大

DHLジャパンが募集した「マッチボールデリバリーキッズキャンペーン」に応募し、自身の夢やスポーツへの熱い気持ちを綴った作文と写真を投稿し、選ばれました。Applicants had to send in an essay describing their dreams and passion to sports and photos for  "DHL Match Ball Delivery" Campaign.

Japanese 日本

8

3歳からテニスとサッカーをはじめて、今はサッカーに夢中。4歳のときに心臓にペースメーカーを入れたため、ラグビーをプレーすることは断念したものの、今回の当選を家族全員でとても喜んでいます。
Keito started playing tennis and soccer when he was 3 years old, and now he is crazy about soccer. Although restricted to play rugby due to a heart pacemaker surgery done at the age of 4, he and his family are very happy to know that Keito has been chosen as one of the MBD kids.