11月18日(土)のフランスのトゥールーズでのトンガ代表戦へ、日本は11月4日のオーストラリア代表戦(●30-63)から先発5人を入れ替えました。

初キャップのPR具智元選手(ホンダ)、ワラビーズ戦に交代出場で代表デビューしたLOヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ)が初先発。欧州遠征直前に追加招集されたLO真壁伸哉(サントリー)もスタートに名を連ね、2015年ワールカップのアメリカ代表戦以来の代表戦を迎えます。

体調不良で10月28日の世界選抜戦とオーストラリア戦を見送ったWTB福岡堅樹選手(パナソニック)が復帰。SOにはオーストラリア戦でベンチスタートだった田村優選手(キャノン)が戻り、SH田中史朗選手(パナソニック)とコンビを組みます。

 世界選抜戦での代表デビューに続いてLOとしてオーストラリア戦で初キャップを獲得した姫野和樹は、所属のトヨタ自動車でプレーしているFLで出場します。

 また、世界選抜のメンバーで好プレーを見せたWTB/FB藤田慶和選手(パナソニック)が、オーストラリア戦後に欧州遠征メンバーに加わり、トンガ戦ではリザーブで出場機会を伺います。

 最新の世界ランクでは日本の11位に対してトンガは14位ですが、通算対戦成績では日本は7勝9敗で負け越しています。しかも、今回は2015年8月3日にカナダのバーナビーで行われたパシフィック・ネーションズカップでの対戦(●20-31)以来の顔合わせで、その試合を含めて日本はトンガに2011年9月以降4連敗中です。

 トンガは11月10日にバーバリアンズとアイルランドで対戦し、24-27で惜敗しました。日本戦の翌週25日にはブカレストでルーマニア代表との試合を控えています。一方、日本は同日、パリでの欧州遠征第2戦でフランス代表と対戦します。

 なお、日本で開催される2019年ラグビーワールドカップでは、トンガはプールCでプレーし、プールAの日本とは別組です。

試合はワールドラグビー公式サイトwww.worldrugby.orgでストリーミング生中継されます。

 

日本代表 トンガ戦メンバー:

1.稲垣啓太(パナソニック)、2.堀江翔太(パナソニック)、3.具 智元(ホンダ)、4.ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ)、5.真壁伸弥(サントリー)、6.姫野和樹(トヨタ自動車)、7.リーチマイケル*(東芝)、8.アマナキ・レレイ・アフィ(NTTコミュニケーションズ)、9.田中史朗(パナソニック)、10.田村 優(キャノン)、11.福岡堅樹(パナソニック)、12.立川理道(クボタ)、13.ラファエレ・ティモシー(コカ・コーラ)、14.レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダ)、15.松島幸太郎(サントリ―)、16.坂手淳史(パナソニック)、17.石原慎太郎(サントリー)、18.ヴァル アサエリ愛、19. 布巻峻介(パナソニック)、20.ファツアニ・ラウタイミ(トヨタ自動車)、21.流 大(サントリー)、22.シオネ・テアウパ(クボタ)、23.藤田慶和(パナソニック)

(* キャプテン)